栃木県の観光・グルメ情報ブログ

カテゴリは左上のmenuをクリック

竜頭の滝|豆知識|凍結した姿・高さなど滝の魅力を紹介

 
この記事を書いている人 - WRITER -

栃木県日光市

竜頭の滝(りゅうずのたき)』

華厳の滝湯滝と併せて、奥日光三名瀑の1つに数えられている人気の観光スポットです😊

初夏には、滝を彩るかのように、ヤシオツツジやトウゴクミツバツツジが咲きます。

秋の紅葉や、冬の凍結も人気で、季節ごとにまた違った姿を観ることができるのも、竜頭の滝が名瀑と言われる所以です。

こちらのブログでは、正面からではわからない高さや、凍結した姿など、竜頭の滝に関する豆知識を含めながらご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

【基本情報】

住所栃木県日光市中宮祠
電話番号
日光市観光協会事務局
0288-22-1525
駐車場広い無料駐車場があります
アクセスマップを開く
料金無料

↓駐車場↓

竜頭の滝について

こちらの竜頭の滝は、日光の奥地にある湯ノ湖に端を発し、戦場ヶ原を流れて下ってきた湯川の末流にかかる滝です😊

竜頭の滝湯滝華厳の滝の3つが、奥日光三名瀑と言われています。

↓竜頭の滝↓

↓湯滝↓

↓華厳の滝↓

これら3つの滝は同じ水の流れでつながっており、その水の流れから説明すると

湯ノ湖→湯川→湯滝→湯川→竜頭の滝→湯川→中禅寺湖→大谷川→華厳の滝となります。

湯滝と竜頭の滝の間を流れている湯川が戦場ヶ原の中を通る部分です。

↓戦場ヶ原↓

戦場ヶ原は、男体山の神の化身である大蛇と、赤城山の神の化身である大ムカデが、中禅寺湖の領有をかけて戦った伝説が残る場所。

もともとは男体山の噴火の流出物が川を堰き止めて生まれた巨大な湖でしたが

長い年月をかけて土砂などが積もり、広大な湿地へとその姿を変えました😊

竜頭の滝の名前の由来

竜頭の滝の名前の由来は諸説あり、中央の大岩を竜の頭部に見立て、二手に分かれた滝が竜の髭のようであるからとも言われています😊

それを知ったうえで改めて滝を見てみると、確かに竜の髭に見えるように感じますし、名前の由来としてはこの説が最も腑に落ちます。

正面の大岩が巨大な竜の頭の鼻の部分だと思うと、滝が髭のように見えませんか?

そこに大きな竜の顔があると思って、是非色々な角度から観察してみてください😊

竜頭の滝の豆知識|高さや長さは?

竜頭の滝というと、二手に分かれ流れ落ちる様子が最もよく知られていますが、実はここだけが竜頭の滝と呼ばれる部分ではありません。

実際には、竜頭の滝は長さが210mもあり、そして高さは60mあります。

観瀑台からは落差数m程度にしか見えませんが、実際は相当な高さがあるんですね😊

岩で階段のようになった緩やかな傾斜が上流から続き、その最後の滝壺部分にある大岩が滝の流れを2つに分けているということです。

なお、観瀑台からは竜頭の滝が二手に分かれる部分を観ることが出来ますが

滝の東側に散策路があり、そちらから竜頭の滝の上流部分を観ることが出来ます。

また、滝の様子をよく観察してみると気が付くかもしれませんが、竜頭の滝に観られる岩肌は、とても黒々としています。

これは、男体山の噴出物が川の流れに乗って移動し、形成されたものなんだそうです。

こういった豆知識を知っておくと、より竜頭の滝の魅力が感じられるかと思います😊

スポンサーリンク

ツツジと竜頭の滝

竜頭の滝は、季節によって異なる姿を私たち観光客に見せてくれます。

まずは初夏、この時期になると、竜頭の滝を彩るかのようにトウゴクミツバツツジやヤマツツジをはじめとするツツジ類が咲き、撮影に訪れる多くの写真家の方々の姿が見られます。

トウゴクミツバツツジは、標高が高い場所に咲く淡い紫色が特徴的なツツジの仲間です。

もし5月に足を運ぶ機会があれば、是非ツツジの開花についても注目してみてください😊

秋の紅葉と冬の凍結

竜頭の滝への客足が特に多くなるのは、やっぱり紅葉のシーズンです。

緑色に加え、赤色、朱色、黄色など様々な葉に彩られた竜頭の滝の様子はとても綺麗です。

紅葉シーズンの竜頭の滝

また、冬の特に冷え込みが激しい時に見られる凍結した竜頭の滝も人気です。

凍結した竜頭の滝

竜頭の滝が凍結するのは1月後半から2月初めにかけての時期ですので、気になる方は十分に気を付けながら足を運んで見てください

竜頭の滝の様子

実際に観瀑台はどのような場所なのか、竜頭の滝の様子についてご紹介しますので、お車で向かう際の参考にしてください。

まず、滝の観瀑台のそばには無料の駐車場がありますので、そちらへ車を停めます。

駐車場のそばには竜頭之茶屋があり、その奥に観瀑台があります。

龍頭之茶屋さんでは、おぞうにやおだんごの他、日光名物のゆばを使用したゆばそばやゆばうどんなども販売されています。

観瀑台から観られるのが、竜頭の滝が二手に流れ落ちる様子です。

お時間があれば、是非そばにある散策路からもその姿を眺めてみてください😊

また、季節ごとの変化も綺麗ですが、星空と一緒に見る竜頭の滝も綺麗だそうです。

竜頭の滝がある場所は標高が高く、光害の被害を受けづらいため星空が綺麗に見えます。

最後まで読んで頂きありがとうございました

栃木県のグルメ・名産品

宇都宮餃子に佐野ラーメン、那須の牧場のアイスや日光ぷりんなど。

県内各地の人気店の商品は、特に楽天市場さんで多くお取り扱いがあります😊

グルメ情報の参考にもなるので、気になる方は是非ご覧になってみてください。

世界から高い評価を受けている、栃木レザーの商品も多数お取り扱いがあります。

栃木県のおすすめ旅行サイト旅行予約サイトは20以上ありますが、やっぱり安心して使えるのが大手サイト。

とちのいちでは、県内の旅行予約サイトとして以下の4つをおすすめしています。

高級宿に限定すると一休.comの方がお得なプランがあるのでおすすめです。

ちなみに筆者は、県内を巡る際にはしばしばじゃらんを利用しています。

宿の数やプランの内容が充実していて、やっぱり安心で使いやすいです。

県内のレジャー・アクティビティ予約ならじゃらん遊び・体験予約がおすすめ!

レンタカー予約もじゃらんレンタカーをいつも利用しています😊

県外の方には、航空券と宿をセットで予約できるじゃらんパックもおすすめです。

じゃらんでまとめておくと、次の旅行で使えるポイントがたまりやすいです。

是非、参考になれば幸いです。

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク



スポンサーリンク



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© とちのいち , 2019 All Rights Reserved.