栃木県の観光・グルメ情報ブログ

カテゴリは左上のmenuをクリック

古峯神社|古峯ヶ原|古峯園の紅葉や天狗の御朱印が人気の神社

 
この記事を書いている人 - WRITER -

栃木県鹿沼市

古峯神社(ふるみねじんじゃ)』

鹿沼市の古峯ヶ原(こぶがはら)にあるこちらの古峯神社は、こみねさん、こぶがはらさまといった呼び名でも親しまれている神社で

天狗の御朱印をいただくことが出来ることからも人気があり、御朱印巡りは古峯神社の御朱印から広まったと言われているそうです😊

↓天狗の御朱印↓

神社の境内には広い庭園の古峯園もあり、自然の中でゆっくりと過ごせる人気の場所です。

こちらのブログでは、古峯神社の歴史、古峯園の紅葉などについてもご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

【基本情報】

住所栃木県鹿沼市草久3027
駐車場300台
料金無料
古峯園は有料
電話番号0289-74-2111
アクセスマップを開く
公式サイト公式サイトを見る

↓駐車場↓

古峯神社の歴史

古峯神社は、東京ドーム約100個分の面積を誇る古峯ヶ原に鎮座する神社であり、御祭神は第12代景行天皇の皇子やまたけるのみことです。

創建は今から約1300年前にまで遡り、古峯神社の神主・石原家の先祖で、日本武尊の家臣であった藤原隼人という人物が、尊の遺徳をしのび創祀したものであると伝えられています。

その後古峯ヶ原は勝道上人の修行の場となり、勝道上人はこの地での三年にわたる修行の末に、日光の男体山への登頂に成功し、見事開山の偉業を成し遂げられました。

↓男体山と中禅寺湖↓

この勝道上人は、日光にある世界遺産二荒山神社を創建した人物でもあり、栃木県内には勝道上人ゆかりの神社や寺院が数多くあります😊

自然豊かな神社がお好きな方は、栃木市にある勝道上人ゆかりの寺院満願寺もおすすめです。

天狗の社

古峯神社は別名天狗の社とも呼ばれており、天狗は御祭神の使いとして、崇敬者に災難が起こった時、直ちに飛翔して災難を取り除いてくれる存在として信仰を集めています。

そのため、神社境内、参篭所、廊下には、天狗の石像や天狗の面、扁額・威儀物(火ばし・下駄・わらじ・天狗人形)などがいくつも掲げられており、大変見ごたえがあります😊

↓烏天狗(黒)と大天狗(赤)の面↓

中でもひときわ目を引くのが、江戸時代に奉製されたという二つの大きな天狗の面で、近くで見ると相当な迫力がありました。

スポンサーリンク

境内紹介

古峯神社の一の鳥居は、本社のある場所からは約6キロメートルも手前にあります。

こちらは1797年建立のものから数えて4代目だそうで、高さ24.6メートル、笠木の幅34.2メートルにも及ぶ大変立派なものです。

↓古峯神社一の鳥居↓

この鳥居をくぐり、先へと進んでいくと、古峯神社の駐車場が見えてきます。

駐車場周辺にはお土産処もありますので、是非お帰りの際などにお立ち寄りください😊

この駐車場のそばに二の鳥居がありました。

↓古峯神社二の鳥居↓

この二つ目の鳥居をくぐると、その奥には早くも三つ目の鳥居が見えます。

境内はとても広く、拝殿までたどり着くまでにいくつもの鳥居をくぐります😊

三つ目の鳥居をくぐった先にある橋からは、大芦川の清流を見ることができました。

↓大芦川↓

この水の流れる音がとても心地よく、とても神聖な空気が感じられます。

そしてここから先、境内の至る所で、様々な表情の天狗の姿を見ることが出来ます。

境内はとても自然豊かで、平地ではなかなか見られないヒキガエルやウシガエルなどの珍しいカエルが、人目を気にせず歩いていました。

手水舎の前の通り過ぎると、右手に古峯神社の社殿へと続く階段があります。

こちらの階段を登る途中にも、左手に天狗の飾り物が置かれていました。

そしてこの先に拝殿と社務所入り口があります。

↓古峯神社拝殿(左):社務所入り口(右)↓

御朱印はこの建物の中で頂きます😊

御朱印授与所

社務所の中へは靴を脱いであがります。

入って右手には長く続いていく廊下があり、その先に休憩所もありました。

先にご紹介した大天狗と鳥天狗の面も、この通路を進んで左手の部屋に飾られています。

そして再び建物入口へと戻り、今度は左手の奥に進むと御朱印授与所があります。

その途中、天狗の御朱印の例が置かれていますが、こちらは印刷されたものをいただく場合に選ぶことが出来るものだそうで

御朱印帳に書いていただく場合には、御朱印を選ぶことはできませんので予めご了承ください。

ちなみにこちらで御朱印をお願いすると、書きあがるまでに30分ほど時間がかかります。

ですのでその待ち時間に、境内にある古峯園などを見ていただくのがおすすめです😊

古峯園

拝殿・本殿へと続く階段のところまで戻ると、古峯園の入り口があります。

入り口には札が建てられており、ここに書かれている通り、古峯園の中には茶屋があります。

門をくぐると橋が架かっており、こちらの下にも大芦川が流れていました😊

古峯園は、総面積およそ25,000坪にも及ぶ広大な廻遊式日本庭園で、園内では四季に応じて様々な景観を楽しむことが出来ます😊

両脇に背の高い木々が植えられた小道を進んでいくと、大きな池のある広い空間に出ました。

園内はとても綺麗に手入れされていますので、是非ゆっくりとご覧になってみてください。

途中、先にも申し上げた通り、お抹茶をいただける峯松庵があります。

またこちらの古峯園では、5月から6月にかけて、可愛らしい花菖蒲も綺麗に咲きます。

新緑の緑に包まれる時期でもありますので、気になる方は是非足を運んでみてください。

秋の紅葉も人気

そんな古峯神社は紅葉の名所としても親しまれており、紅葉の時期は特に人気です。

先ほどご紹介した古峯園の中も、紅葉の時期は特に綺麗になるみたいですよ😊

古峯神社の自然に癒され、紅葉を見ながらお抹茶もいただいてみれば、きっと良い休日を過ごすことが出来ると思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

栃木県のグルメ・名産品

宇都宮餃子に佐野ラーメン、那須の牧場のアイスや日光ぷりんなど。

県内各地の人気店の商品は、特に楽天市場さんで多くお取り扱いがあります😊

グルメ情報の参考にもなるので、気になる方は是非ご覧になってみてください。

世界から高い評価を受けている、栃木レザーの商品も多数お取り扱いがあります。

栃木県のおすすめ旅行サイト旅行予約サイトは20以上ありますが、やっぱり安心して使えるのが大手サイト。

とちのいちでは、県内の旅行予約サイトとして以下の4つをおすすめしています。

高級宿に限定すると一休.comの方がお得なプランがあるのでおすすめです。

ちなみに筆者は、県内を巡る際にはしばしばじゃらんを利用しています。

宿の数やプランの内容が充実していて、やっぱり安心で使いやすいです。

県内のレジャー・アクティビティ予約ならじゃらん遊び・体験予約がおすすめ!

レンタカー予約もじゃらんレンタカーをいつも利用しています😊

県外の方には、航空券と宿をセットで予約できるじゃらんパックもおすすめです。

じゃらんでまとめておくと、次の旅行で使えるポイントがたまりやすいです。

是非、参考になれば幸いです。

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク



スポンサーリンク



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© とちのいち , 2019 All Rights Reserved.