栃木県の観光・グルメ情報ブログ

カテゴリは左上のmenuをクリック

魚要|日光市|メニュー|元祖ゆばそば|自家製蕎麦が絶品!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

栃木県日光市

『魚要(うおよう)』

お店の入り口には元祖ゆばそばと書いてあり、魚要さんでいただける湯波そばは、日光名物として親しまれています😊

東武日光駅前のメインストリート・日光街道沿いにお店がありますので、日光でランチのお店を探している方にもおすすめです。

こちらのブログでは、魚要さんのメニューや、いただいたお料理をご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

お店側のご都合等により、営業時間・定休日・お店の営業形態などに変更が生じる可能性もございます。

ご不明な点、ご確認したい点がある場合は、直接店舗の方へお問い合わせして頂き、ご確認頂きますようお願い致します。

【基本情報】

住所栃木県日光市御幸町593
電話番号0288-54-0333
営業時間公式サイトから
ご確認ください
定休日公式サイトから
ご確認ください
駐車場3台
アクセスマップを開く
公式サイト公式サイトを見る

魚要

東武日光駅を降りると、世界遺産エリアの入り口のシンボルでもある新橋付近まで、まっすぐに日光街道が続いており

その両脇には色々な老舗の名店も並んでいて、こちら魚要さんも、元祖ゆばそばのお店として地域に愛される名店です😊

店内に置いてるテーブルも見どころのひとつで、とても立派な杉のテーブルは、樹齢350年のものを使用しているそうです。

また、魚要さんの店内では、実際にそば粉を石臼で製粉している様子も見られるので、是非そちらにも注目してみてください。

湯葉と湯波

ゆばとは、豆乳に熱を加えた際にできる、表面の薄皮を引き上げたもので、誰もが一度は口にしたことがあるのではないでしょうか。

日光名物としてゆばが有名であることはご存知の方が多いかと思いますが、ゆばといえば京都の名物としても知られていますよね😊

実は日光ゆばのルーツはその京都にあるそうで、奈良時代・平安時代に、仏教の広がりとともに京都から伝わってきたそうです。

ただし、同じゆばでも、実は日光と京都のゆばには違いがあるそうで

京都のゆばが端をつまんで引きあげるのに対し

日光のゆばは中央から串で引き上げるため

日光のゆばは折りたたまれて重なることから、京都のゆばの倍の厚さとなるそうです。

また、ゆばを漢字で書く際には、京都では湯葉と書くのに対し、日光では湯波と表記されることもそれぞれの違いの一つです😊

もしこれから日光や京都へ行きゆばをいただく際には、是非そういったところに注目してみると面白いのではないかと思います。

スポンサーリンク

メニュー

材料の時価、季節、その他の理由により、メニューの内容や、お値段が変わる可能性もございます。予めご了承ください。

魚要さんのお料理のメニューは公式サイトからご確認頂けますので、気になる方はまずそちらからご覧になってみてください。

こちらの人気メニューが湯波そばで、日光名物の一つとして知られる湯波そばは、こちらの魚要さんが元祖と言われています😊

また、湯波うどんも注文可能で、その他のメニューにもそばとうどんがあります。

温かいおそば・うどんだけでも、ちたけそば・うどん、木の芽そば・うどん、鴨南蛮そば・うどん、日光まいたけそば・うどん、山菜そば・うどんといった計10種類以上があり

冷たいそば・うどんも色々とあって、単品の湯波の煮物や、そばがきなどもありました。

また、冷たい湯波そば・うどんもあります😊

その他詳しいメニューの内容は、是非お店の方でご覧になってみてください。

料理紹介

元祖ゆばそば・魚要さんへお伺いして、日光名物の湯波そばをいただいてきました😊

↓元祖湯波そば↓

温かいそばつゆの中に浸さっているのは、揚巻湯波、ぜんまいを巻いたぜんまい巻、高野豆腐を巻いた長寿揚の三種類のゆばで

明治の初年から約150年続く老舗の湯波屋さん・ふじやさんから仕入れたものを、魚要さんで程よく味付けしてから、手打ちのお蕎麦にトッピングして提供されているそうです。

このそれぞれの湯波が本当によく出汁をしみこんでいて、噛んだ瞬間に、凝縮された旨味が一気に口の中に広がります😊

どれも分厚くて食べ応えがあり、それぞれの湯波を一口いただいて、お蕎麦をずるずるっとすすれば、体の芯からぽかぽかと温まってきます。

冬の日光市は寒いので、外を歩くと体も冷えますから、そんなときに魚要さんの温かいお蕎麦をいただいたら、最高の観光になると思います😊

そしてメニューの中からもう一品いただいたのが、こちらの鴨南蛮そば。

↓鴨南蛮そば↓

鴨の出汁も出ていて、先程の湯波そばとはまた違ったあじわいを楽しめました。そして魚要さんはつゆも本当に美味しい。

なによりこの自家製手打ちのお蕎麦が、コシがあって、喉越しも良く、夢中になって食べてしまうような絶品のお蕎麦でした。

鴨南蛮を注文すると付いてくる山椒も、味の良いアクセントになって、お蕎麦の味を堪能しながらも、最後まであっという間に完食!

本当に美味しかったので、写真を見ていると、また食べたくなってきました😊

なお、今回はいただきませんでしたが、魚要さんの冷たいお蕎麦も美味しそうでした。

日光観光の際におすすめのグルメですので、気になる方は是非いただいてみてください

最後まで読んで頂きありがとうございました。

栃木県のグルメ・名産品

宇都宮餃子に佐野ラーメン、那須の牧場のアイスや日光ぷりんなど。

県内各地の人気店の商品は、特に楽天市場さんで多くお取り扱いがあります😊

グルメ情報の参考にもなるので、気になる方は是非ご覧になってみてください。

世界から高い評価を受けている、栃木レザーの商品も多数お取り扱いがあります。

栃木県のおすすめ旅行サイト旅行予約サイトは20以上ありますが、やっぱり安心して使えるのが大手サイト。

とちのいちでは、県内の旅行予約サイトとして以下の4つをおすすめしています。

高級宿に限定すると一休.comの方がお得なプランがあるのでおすすめです。

ちなみに筆者は、県内を巡る際にはしばしばじゃらんを利用しています。

宿の数やプランの内容が充実していて、やっぱり安心で使いやすいです。

県内のレジャー・アクティビティ予約ならじゃらん遊び・体験予約がおすすめ!

レンタカー予約もじゃらんレンタカーをいつも利用しています😊

県外の方には、航空券と宿をセットで予約できるじゃらんパックもおすすめです。

じゃらんでまとめておくと、次の旅行で使えるポイントがたまりやすいです。

是非、参考になれば幸いです。

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク



スポンサーリンク



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© とちのいち , 2021 All Rights Reserved.