栃木県の観光・グルメ情報ブログ

カテゴリは左上のmenuをクリック

お丸山公園|喜連川城跡|喜連川陣屋跡|さくら市の桜の名所

 
この記事を書いている人 - WRITER -

栃木県さくら市喜連川

お丸山公園

ここは、かつて塩谷五郎惟広という人物が1186年に築いた喜連川城の城跡で、現在は見晴らしの良い公園として整備されています。

喜連川城は、かつて大蔵ヶ崎城、蔵ヶ崎城、倉ヶ崎城とも呼ばれたお城で、現在この場所は桜の名所としても親しまれています😊

また、お丸山公園のすぐそばには、かつて喜連川陣屋も設けられていたそうで、そちらには現在さくら市喜連川庁舎があります。

こちらのブログでは、お丸山公園、喜連川城、喜連川陣屋についてご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

【基本情報】

住所栃木県さくら市喜連川5478-1
駐車場無料駐車場があります
アクセスマップを開く

2011年の震災以来、桜の開花時期のみ期間限定で開放されていた駐車場が、2020年になって全面開放されました😊

喜連川城

喜連川城を築いた塩谷五郎惟広という人物は、源平合戦において源氏側で参戦し、戦功を挙げ、喜連川付近に三千町の領地を与えられました。

そして1186年に喜連川城を築き、地名を喜連川へと改め、喜連川塩谷氏の始祖となります😊

その後は城主が喜連川氏へと変わり1870年、廃藩置県に先立って喜連川藩は封土を新政府に奉還し、喜連川城も廃城となりました。

喜連川城跡は現在お丸山公園として整備をされ、現在も当時の堀や郭跡が残されています。

喜連川陣屋

喜連川城が築城から約400年後の1573年

豊臣秀吉のはからいにより喜連川城に入った足利氏(喜連川氏)の二代目頼氏により、喜連川城のそばに喜連川陣屋が築かれました。

喜連川陣屋は喜連川藩の藩庁として幕末まで利用されましたが、1876年に焼失してしまい、現在その場所には遺構は残されていません。

また、喜連川陣屋があった場所には現在さくら市喜連川庁舎があり、こちらがお丸山公園へと続く入り口になっています。

しかし喜連川陣屋の遺構は残っていないものの、新たに陣屋大手門の位置に立派な櫓門が建てられており、見ごたえがありました😊

↓櫓門(模擬大手門)↓

ちなみに、喜連川陣屋の陣屋門は別の場所に残っているそうで、現在はこちらから3kmほど離れた民家に移築されています😊

なお、喜連川氏は由緒ある足利氏の出自であることから、陣屋門には足利氏の家紋や化粧が残されているそうです。

喜連川氏

喜連川氏の墓所(龍光寺内)

かつて喜連川氏が納めていた喜連川藩は、徳川家より特別な存在として扱われていました。

徳川家が世を治めていた江戸時代には、大名の定義として一万石以上の領地を将軍から与えられた武士であるという定義が定められたものの

関ヶ原の合戦後、二代目の喜連川頼氏が徳川家康に戦勝の使節を送って祝賀したことや

喜連川氏は、由緒ある足利源氏の出自であったことなどが理由となり

五千石にして十万石格の大名として優遇され、参勤交代の義務も免除されていたそうです😊

そのため、かつてこの地にあった喜連川藩は、日本最小の藩とも呼ばれています。

スポンサーリンク

お丸山公園

こちらはさくら市喜連川庁舎のそばにあるお丸山公園入口で、この先の山一帯がお丸山公園として整備されています。

山の頂上へと続く緩やかな坂道を登って行くと、段々見晴らしが良くなってきます。

更に進んで行くと、喜連川城の遺構も良く見えるので、是非上までのぼってみてください😊

喜連川スカイタワー

園内を更に奥へと進んで行くと、かつて観光名所であった喜連川スカイタワーあります。

喜連川スカイタワーは1995年にオープンした施設で、高さは約49.5メートル。

高さ40メートルの位置に展望台があり、更に山の上に立っているため、非常に見晴らしの良い人気のスポットでしたが

2011年の震災の影響を受けて営業の停止を余儀なくされ、現在は営業していません。

↓喜連川スカイタワー↓

現在は人の気配がありませんが、近くから見ると大変立派な施設なので、できれば営業している頃に上ってみたかったです。

ちなみに、今後改修するか、撤去をするかはまだ決まっていないということです。

また、以前はそのスカイタワーのある高さまでシャトルエレベーターが走っていたそうですが、こちらも今は線路が撤去されてしまいました。

↓シャトルエレベーター乗り場↓

しかし線路の跡は残されたままになっていて、こちらも利用できる頃に見てみたかったです😊

ちなみに、2020年に全面開放された駐車場は、喜連川スカイタワーのそばにあります。

つまり山頂まで車であがれますので、車で向かわれる際にはそちらをご利用ください。

桜の名所

お丸山公園のあるさくら市は、2005年3月に塩谷郡氏家町と喜連川町が合併して誕生しました。

さくら市という名前の由来は、勝山城址、鬼怒川堤防の桜堤、早乙女の桜並木、そしてこちらのお丸山公園など、市内にの名所がいくつもあるのがその理由の一つです。

桜が咲く頃にお伺いすると、さくら市の色々な場所で綺麗な桜が見られると思います。

気になる方は是非足を運んでみてください😊

最後まで読んで頂きありがとうございました。

栃木県のグルメ・名産品

宇都宮餃子に佐野ラーメン、那須の牧場のアイスや日光ぷりんなど。

県内各地の人気店の商品は、特に楽天市場さんで多くお取り扱いがあります😊

グルメ情報の参考にもなるので、気になる方は是非ご覧になってみてください。

世界から高い評価を受けている、栃木レザーの商品も多数お取り扱いがあります。

栃木県のおすすめ旅行サイト旅行予約サイトは20以上ありますが、やっぱり安心して使えるのが大手サイト。

とちのいちでは、県内の旅行予約サイトとして以下の4つをおすすめしています。

高級宿に限定すると一休.comの方がお得なプランがあるのでおすすめです。

ちなみに筆者は、県内を巡る際にはしばしばじゃらんを利用しています。

宿の数やプランの内容が充実していて、やっぱり安心で使いやすいです。

県内のレジャー・アクティビティ予約ならじゃらん遊び・体験予約がおすすめ!

レンタカー予約もじゃらんレンタカーをいつも利用しています😊

県外の方には、航空券と宿をセットで予約できるじゃらんパックもおすすめです。

じゃらんでまとめておくと、次の旅行で使えるポイントがたまりやすいです。

是非、参考になれば幸いです。

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク



スポンサーリンク



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© とちのいち , 2019 All Rights Reserved.